上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 タイトルのところにも書いてあるように、私は元図書館員です
 一般の方は、図書館に司書という資格があることを知らない人も多いと思います
 まあ、そういう私も短大に入るまで知りませんでしたから、人のことは言えないんですけど

 そんな感じでしたが、一応、20代の10年間を、図書館の仕事に授けてきました
 司書になろうとしている人たちに、偉そうに演説してきたりもしましたが、
 唯一、苦手な分野がありました。

 それは、保護者向けの話です。
 家庭教育学級などで、保護者に向けて子どもの読書の大切さや読み聞かせの大切さを
 語らねばならなかったりするのですが、
 実際、子育てをしたことのない私が、それこそ偉そうに保護者に向けて語れと言われても
 何だか真実味がないように思えて仕方がなかったのです

 もちろん、勉強してきたので語れますが、体験談ではないから
 何とでも言えるよね~と、自分でも思っていたのです

 そして、子どもに向けての読書について勉強するたびに、
 実験してみたい(言葉が悪いですね)というか、実際にやってみたいという気持ちが
 いつもありました

 なので、この度、子どもができて、絵本を読んで育ててあげたいと思うのです
 実際、産まれてしまえば、そんな余裕はないのかもしれないのですが…
 
 ということで、まだ産まれてこない今は、
 再度、勉強のしなおしです

 200804040005000_convert_20080404001049.jpg


 この本は、最近買った本ですが、
 童謡などの歌と絵本の読み聞かせで子育てをしようという、
 私の考えにあった良い本でした
 お母さんたちに、ぜひ、読んでもらいたい本ですね

 今は、産まれたら何の絵本から読んであげようか悩んでます
 元々、仕事柄、絵本を持っているのですが、0歳児向けの本は、あまりないんですよね
 あれもこれもあり過ぎて…どれから読んだらいいもんかな~

 ちなみに、退職しているので、いまさら体験したところで、話をする機会はないんですけどね
スポンサーサイト
2008.04.04 Fri l オススメ本(親向け) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://okiraku0508.blog103.fc2.com/tb.php/44-99c2c3ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。