上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 沖縄は梅雨明けして、毎日暑いです
 朝の9時過ぎには、部屋は28℃超え
 湿度は、相変わらず高いので80%

 稀月が寝ている間は、寝ている部屋クーラーをかけているので、
 他の部屋は節電
 じっとしていても暑い
 とりあえず、扇風機の前で過ごしてます

 暑くなると、いろいろな虫も出てきたり…。
 ゆうべは、とうとう部屋の中に、
 DVC00050_convert_20120627094948.jpg
 ヤモリ
 (角で固まってます。分かるかな?

 陽大が寝る前で、寝る部屋だったので、
 夜中に動かれてはイヤだから、格闘
 逃げ足の速いこと
 陽大も興奮して、追いかけているんだか、逃がしているんだか…

 ちょうどお父さんが帰ってきたので、
 退治してもらい、安心して寝ることができました

 窓越しに影を見たり、ベランダを歩いているのを見かけたりはしていましたが、
 部屋の中で見かけたのは初めてでした
 さて、幼稚園に行くようになって早2か月半。
 なんだかんだで、もう少しで夏休み。
 毎日がバタバタです。

 先日は、幼稚園で個人面談がありました。
 家庭訪問以来、ゆっくり先生とお話してきました。
 幼稚園で個人面談っていいですよね
 陽大は、ほとんど幼稚園の話をしてくれますが、
 なかにはしない子もいるでしょうし、
 親としては幼稚園の様子が分かって有難いですよね。

 陽大の問題点は、極端な怖がりなこと。
 特に『お話』への怖がり。

 原因は、はっきりしないのですが、
 年々怖がりになって行き、
 稀月が産まれてから、子供向けのテレビ番組が全く見れませんでした。

 元々、あんなにトーマス好きなのにDVDなどの映像は見られず、
 アンパンマンも嫌いでした。
 その後、「おかあさんといっしょ」や「いないいないばあ」も見られなくなり、
 以前は見ていた、「ちびまるこちゃん」なども見られませんでした。
 結局、子供番組は、全く見られなくなっていました。

 大人には、何が怖いのか全く分からないのですが、
 映像が、暗くなったり、ちょっと怖い感じの曲になっただけで、
 「見ない、見ない」と大騒ぎ。
 若干、パニック状態でした。

 なので、保育園に通っていた時も、
 人形劇が見られなかったり、避難訓練が怖かったり、
 支援センターでは、リトミックで、
 「オオカミがでたぞ~」と追いかけただけで、
 もう、泣きべそかいて、私の後ろに逃げ、
 「もう行きたくない」と言う感じでした。

 絵本もオオカミやお化けはNG。
 少し暗めの表紙の絵本は、全く開かないという感じ。

 だから、幼稚園で大丈夫かなと思い、
 家庭訪問の時に、先生に例をあげ、伝えていました。

 その時に、先生も、
 家庭訪問の前の紙芝居で、陽大が逃げていたらしく、
 意味が分かったという感じでした。

 その後、陽大も毎回紙芝居の話をしてくれるので、
 怖い話(普通の子には、怖くないんですけど)は読まないでいてくれてるんだなと、
 思っていました。

 が、ある日、
 「おばけの紙芝居だった」
 という日があり、内容を説明してくれました。
 そういえばと思い、
 「おばけ、怖くなかったの?」
 と聞くと、
 「やさしいおばけだった。」
 「すごいね」
 と褒めると、
 「陽大、心が強くなったんだもん
 ですと。
 思わず笑えましたが、
 「心が強くなったのか。幼稚園生になるとすごいね。」
 と言うと、得意げに
 「うん。」
 
 で、そんなことを先生と個人面談で話をすると、
 先生もいろいろ様子を見つつ試してくれているようで、
 オオカミが出てくる話でも、抑揚をつけず読むと、
 平然と聞いているようになり、
 リトミックで、オオカミが来たぞをすると、
 一瞬顔色が変わったらしいのですが、
 喜んで逃げたりしたと。

 まだ、映像はダメで、
 防災訓練の映画を消防の人たちが流したらしいのですが、
 その時は、
 耳をおさえ、先生のひざに顔を伏せているらしいのです。
 先生も違う話をしてくれたりしたようで、
 それでも、声が聞こえるので、泣きべそ状態で、
 そのあとは、ぐったりだったようです。

 でも、日に日に成長していて、
 今、教育テレビでトーマスをやっているのですが、
 その録画したものも見られるようになってきました。

 初めは、早送りでみて、怖くないか確認。
 次に音を消して、映像だけを見て、
 そして、とうとう、音も流して普通に見る、
 と言う感じですが。

 そのあとは、必要以上に、
 「すごいじゃん。トーマス見られたね」
 と、褒めてますけど。

 「いないいないばあ」も稀月が見たいってというと、
 「怖くないし」
 と言いながら、みられるようになりました。
 元々、怖くないんですけどね。 

 テレビを見て、褒められるのはウチぐらいじゃないかな。

 まあ、陽大はよく言えば感受性が強いらしいのですが、
 親にはそのスイッチが分かりにくいので、
 困ることもありますが、
 強い感受性は残しつつ、
 心も少しずつ強くなって行ってくれればいいなと思いますね。 
スポンサーサイト

2012.06.27 Wed l 成長 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://okiraku0508.blog103.fc2.com/tb.php/508-cf0d03cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。