上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 沖縄、梅雨に入りました
 とにかく、蒸し暑い
 完全に、真夏の格好です

 稀月の手足口病も治り、
 私は、いまだに痰がからみますが、
 手足口病がひいたので、
 一応、『元気』の範囲内かな…

 さあ、この梅雨
 外遊び大好き、稀月とどう過ごそうかな~

 昨日、久しぶり、図書館で絵本を借りてきました
 ほんとに、前回は、いつだっけと言う感じ
 陽大も稀月も、ビミョ~に荒れていたり
 時間がなかったりで、寝る前の絵本の時間が減ってきていました

 でも、特に陽大には、この時間がとっても大切だなと思っていました
 で、ここ何日か、やっと絵本の時間を復活させることができました

 昨日、借りに行ったのには、前置きがありまして…
 
 数日は、家にある絵本で読み聞かせをしていました
 で、陽大は、大好きな絵本ばかりなのですが、
 何度も読みすぎているし、なんだかイマイチ気が乗らないという感じだったので、
 稀月が産まれた時に、現&元図書館の仲間たちからもらっていた昔話に挑戦してみることにしました

 昔話に挑戦と言うと、そんな大したことではないことのようですが、
 (周りに言わせれば)感受性の強い、(私たちに言わせれば)怖がりな陽大には、
 話の内容も絵もダメだったからです

 で、最初に持ってきたのは、
 『かちかちやま
 いや~、読んでいてホント怖いなと思ったのですが、
 陽大も真面目な顔で聞いていて、
 でも気に入ったらしく、
 また、読んでほしいと次の日も持ってきました
 
 そして、その次の日、もう一冊読んだのが、
 『だんだんのみ
 これは、かちかちやまと違い、怖さもなく、
 オチ(?)もしっかりしていて楽しい
 
 ただ、陽大は、
 「鬼も呑み込めるの?」
 と。
 いや~、それを言ったら元も子もないし、
 最初っから話は成り立たないけど~

 で、おまけにひっかかったのは、
 最後の最後のページの絵
 気になる方は、図書館で本を実際に見ていただけるといいんですが、
 鬼退治した後の豆まきの豆をネズミが食べているところ
 「ネズミは、豆も食べるの~?」
 そこ~っっ
 で、つい、
 「家もかじるよ~
 と、言ってしまった私
 「家も~」
 って、わけで、
 と~っても安易なんですが、
 『ねずみのよめいり』を読んであげることになったのでした
 というわけで、図書館へ

 昨日、読んであげましたが、
 まあ、
 「へぇ~
 という感じ。
 嫌いじゃなさそうだったけどネズミ年だし


 で、ほかにも借りてきたので、
 1.わたしたちうんこ友だち?
 2.いのちのいれもの
 3.ねこのなまえ
 4.ぼく、どうしよう???
 5.おにいちゃんはアニマン
 6.どんぐりむらのおまわりさん

 今日までに読んだのは、
 1.4.6。
 6は、このシリーズ、陽大は好きですから
 やはり、一番先に持ってきました

 4は、武田美穂さんの絵なので、
 陽大には馴染みがあると思います。
 (図書館時代、原画展やったので、いっぱいありますから
 これは、おもしろい
 のんべ~なお父さんたちに読んでもらいたい(あげたい?)な~ 
 子供の発想だったら、こんなかもな~
 Point「おさけにのまれる」

 1、これは、小学校中学年~の読み聞かせにはいいかも
 低学年でも、気にするかもね~
 長いけど
 陽大は、いまのところ幼稚園でもうんちできるみたいですけどね
 
 あとは、まだ読んでいないので、
 どんな感じか分かりませんが、
 また、陽大の反応が出たら報告します
 ちなみに2は、まだ、むずかしいかな~とも思いますけど

 ちなみに、稀月はと言いますと…。
 たいがい、邪魔してくるんですが
 「かちかちやま」を読んでいるときに、
 私と陽大の間に入ってきて、見ていました。

 そして、突然、自分の目隠しをしたので、
 どうしたのかと思ったら…

 おばあさんがタヌキに殺されて、
 おじいさんが泣いてる場面で、
 その絵を真似したみたいでした

 稀月なりに陽大の絵本でも楽しんでいるようです
 もちろん、最後までは聞いていなかったですけど
スポンサーサイト

2013.05.16 Thu l 絵本(読み聞かせ) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://okiraku0508.blog103.fc2.com/tb.php/565-511a1624
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。